シミとそばかすの違いは何?消す方法と予防について

シミとそばかすの違いは何?消す方法と予防について

シミとそばかすの違いは何?消す方法と予防について

シミとそばかすの違いは何?消す方法と予防について

シミとそばかす、一見同じように見えますが、実は全く違う原因で、シミとそばかすはできます。その原因を知らずにケアをしても、シミとそばかすを治すことはできません。

 

シミは後天的な要因で引き起こされます。具体的には、紫外線による肌へのダメージ、加齢や産後のホルモンバランスの崩れ、ストレスといった原因が影響してシミができます。

 

30代以降からできやすくなり、ほほや目の周りに多く見られます。
シミは正式には老人性色素斑といい、日焼けにより黒色メラニンが肌表面に蓄積し、肌よりも色が濃く見える部分のことです。主に日に当たりやすいおでこや頬骨など高い部分にできやすい特徴があり、顔以外にも発生します。

 

できたシミは加齢と共に濃くなることもあります。原因の多くは紫外線によるものですが、加齢によるターンオーバーの遅れや、肌あれ・ニキビ跡・虫刺されなどの炎症もシミの原因になります。ホルモンバランスの乱れから起こる肝斑もこのシミの一種です。老化現象の1つである老人性色素斑、ニキビ跡にできる炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れによってできる肝斑など、原因によって様々なシミがあります。

 

そばかすができる原因は、シミと違い遺伝的な要因が主です。
そばかすは、鼻の周りやほほに出やすく、幼少のころから現れることも多くあります。そばかすというのは通称で、正式名は雀卵班といいます。
肌表面にできる小さなポツポツとした茶色い斑点のことです。

 

主に目周りや頬から鼻にかけてできるのが特徴ですが、首や腕、背中や胸元など顔以外に紫外線を受けやすい部分にも発生します。
春から夏の紫外線が強くなる季節に濃くなることがありますが、シミと反対に加齢と共に薄くなる場合もあります。そばかすは大きく分けて2種類あります。

 

幼少期から思春期にかけて増え、思春期を過ぎると自然に消えることもある先天的なそばかすと、大人になってできて自然に消えることはほとんどない後天的なそばかすです。

 

どちらのタイプのそばかすも、主にそばかすのできやすい体質の遺伝が原因となります。

 

その他にも、紫外線・肌に合わない化粧品・ストレス・睡眠不足・偏った食生活やビタミンミネラル類の不足がそばかすの一因になります。
そばかすは遺伝によるものが強いので、セルフケアで完全に消し去ることは難しく、皮膚科での治療が必要な場合もあります。

 

シミやそばかすは後天性や遺伝といった違いはありますが、発生するメカニズムは同じで、メラニン色素の過剰生成が影響しています。
つまり、メラニン色素の生成をコントロールすることができれば、シミもそばかすも治すことができるというわけです。シミとそばかすは、後天性か遺伝性かの違いはありますが、原因はハッキリしていて、メラニンの異常生成が影響しています。

 

このメラニンさえうまくコントロールできれば、シミ・そばかすを治すことができます。が、すぐに効果は出ないので、根気よく毎日ケアをしていくことを、まずは心がけて下さい。

 

そうした積み重ねをしてくことで、やがて美しい肌を取り戻すことになります。
身体が健康であることで肌も健やかに保たれるため、外側のケアだけでなく内側からのケアも大切です。

 

抗酸化作用を持ち、肌の老化防止にも働くビタミンAに、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素で皮膚や粘膜を健やかに保つ作用、病気やストレスへの抵抗力を高める作用、高い抗酸化作用で肌老化を防ぐなど様々な作用があるビタミンCです。さらに、強い抗酸化作用を持ち体内の脂質の酸化による老化を防ぐ、若返りのビタミンとも言われるビタミンEなど、現代の生活で不足しがちなビタミン類は肌を健やかに保つためにも大切な栄養素なので普段の食事から積極的に摂取しましょう。

 

効果を実感するには時間がかかりますが、諦めず日々コツコツと続けていくことが必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ