シミ対策に正しい日焼け止めの選び方と塗り方

シミ対策に正しい日焼け止めの選び方と塗り方

シミ対策に正しい日焼け止めの選び方と塗り方

シミ対策に正しい日焼け止めの選び方と塗り方

シミ対策に正しい日焼け止の選び方は「SPF」「PA」を用途別に正しく使用することが大切です。

 

日焼け止めはしっかり塗りたいけど、肌の弱い方、乾燥しやすい方、かゆみが出る方などトラブルを起こす事も多いはずです。
では、肌に優しくそして紫外線もしっかりカットするためにどうするかのポイントがあります。

 

日焼け止めを選ぶとき、数値の高い物ばかり見て選んで成分を見ないで購入している方は、成分も見て購入しないと数値の高い物はそれだけ強いので、肌に負担をかけるものもあります。日常生活で使用する日焼け止めはあまり数値の高い物でなくてもいいのです。

 

紫外線B波(UVB)・紫外線A波(UVA)のことになります。B波を防ぐSPF値は10〜50などで表記されています。
A波を防ぐ値はPA++++などで表記されているのです。「SPF50」というのは効果時間ではなくて、その日焼け止めを塗らなかったら時、50倍の紫外線量まで耐えることができるという意味になります。要は数値が上がれば紫外線には効果が高いが、肌には刺激が強いということになります

 

。「PA+」UVAPF2〜4:UVA防止効果がある。「PA++」UVAPF4〜8:UVA防止効果が高い。
「PA+++」UVAPF8〜16:は防止効果が非常に高い。といった順に+が多いほど上がって行きます。次に「紫外線吸収剤」の入っていないものを選びます。
エチルヘキシル・安息高香酸ヘキシルなどの合成成分は、肌のトラブルの原因になるので、敏感肌の方にはおすすめできません。「紫外線散乱剤」の方は肌に優しいです。

 

ノンケミカル・吸収剤不使用と表示されています。天然成分が使われているため、肌に安心して使うことができます。
しかし、デメリットとしては、白浮きしやすかったり、落ちやすかったりします。

 

そして、ノンケミカルでも防腐剤・合成香料・合成着色料など添加物が入ってないかも確認して選んでください。
紫外線防止剤の刺激物だけではなく、肌に良い「保湿成分」が入っていると肌に負担があったとしても、乾燥などから守ってくれます。
例えば「セラミド・ヒアルロン酸」など配合されていると肌を守ってくれます。

 

これらを考えて選び、塗るまえには、化粧水や美容液で肌を整えてから塗ります。
ムラなくしっかり塗り、日焼けしやすい部分は重ね塗りをしておきます。化粧下地やファンデーションを塗っておくともっと効果的になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ