シミの原因

シミの原因

シミの原因

シミの原因は?

自分の顔を鏡でチェックしていて、どんな小さいシミでも一度発見してしまうと気になってしまいますよね?
顔にシミができると憂鬱な気分になってしまうものです。

 

では何故シミはできてしまうのか?
原因を知って生活の中でできる適切な対策をたてていきましょう!

 

 

紫外線によるシミ

何といってもシミの一番の原因は紫外線です。
肌が紫外線を浴び、皮膚が表皮の奥にあるメラノサイトに働きかけ、肌を紫外線から守るためにメラトニンとなって、皮膚の表面にシミとなって現れます。

 

紫外線はDNAを破壊し皮膚ガンの原因にもなるのですが、紫外線から肌を守るためメラトニンが活発になり過剰に合成された結果、シミとなってしまうのです。

 

もともとは肌を危険から避けるために生成されるものですが、最近では皮膚ガンなども増えているので、シミだと思っていたら皮膚ガンだったということもあるので、注意が必要です。

 

 

女性ホルモンの乱れによるシミ

女性ホルモンには主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、このプロゲステロンにシミの原因であるメラニン色素を生成する働きがあるといわれています。

 

生理が始まって排卵まではエストロゲンが多く分泌されます。そして排卵後から生理が始まるまではエストロゲンが多く分泌されるので、この間はシミ等ができやすいといわれています。

 

また妊娠中はプロゲステロンの分泌が多くなりホルモンバランスが乱れるためにシミができやすくなったり濃くなったりしやすくなるといわれています。
女性ホルモンによってできるシミは主に肝斑(かんぱん)と言われ、左右対称でできるのが特徴です。
肝斑にはトラネキサム酸が効果があるとされていて病院でも処方されています。

 

 

 

ストレスによるシミ

メラニンを生成するメラノサイトという細胞は神経に関係しているといわれている為、ストレスを溜めこむとメラニンが生成されシミになって現れてしまうことがあります。

 

またストレスにより自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れる為、シミ以外にもお肌が乱れやすくなってしまいます。

 

ストレスによるシミにはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB郡が効果的です。
ビタミンCはキューイやアセロラ等、ビタミンEはアーモンド等のナッツ類、ビタミンB郡は豚や大豆、昆布等から摂取できます。
またサプリメントから気軽に採ることもできますね。

 

ストレスはシミにとって大敵なので溜め込まないようにこまめなストレス発散を心がけましょう!

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ