ニキビ跡にできる色素沈着には、赤味のあるタイプと、色の濃いタイプがあります。
赤味のあるニキビ跡は、ニキビが出来たときに起こる炎症がひどくなったものです。
肌内部の毛細血管が破れて、代謝されずに色だけが残ってしまっているのです。この色の色素沈着は、青あざのようなものですので比較的早く治すことができます。
一方、色が濃い、茶系のニキビ跡はもう完全にシミになってしまったものです。
ニキビが出来た肌が悪化するとその部位に炎症が起きてしまいます。
この時、まだ肌として完成していないケラチノサイトがニキビ菌により刺激を感じてしまいます。
そしてまだ未熟な肌細胞のケラチノサイトが肌を守ろうとして、メラノサイトにメラニンを生成するように働きかけるのです。
その結果、ニキビ跡がシミになってしまうのです。メラニン生成をするというのは肌を守ろうとする働きによるものですので、悪いものとも言い切れません。
メラニンが生成されたとしても、健康な肌なら代謝されてシミは目立たなくなります。
ニキビが出来る肌というのはターンオーバーも正常ではありませんので、生成されたシミは代謝されることなくどんどん溜まっていってシミになってしまいます。
ですからニキビを繰り返している肌ほど色素沈着に悩まされてしまいます。
ニキビ跡から出来た色素沈着を改善するためには、まずニキビが出来ないようにすることと肌のターンオーバーを正常化することが必要です。
ニキビを抑えるためには抗菌・抗炎症作用のあるクリームなどを塗ることです。
ニキビが出来るとつい患部を触りたくなってしまいますが、雑菌のせいでニキビが悪化してしまいますので出来るだけ触らないようにして、丁寧な洗顔を心がけることです。
そして肌のターンオーバー改善には保湿をして肌を整えることです。
また長期間ニキビに悩まされている場合、どんどんシミが出来て増えてしまいます。
悪循環を繰り返して色素沈着を増やしてしまいますので、まずはニキビ治療に専念をして、ニキビが落ち着いてきたら保湿や美白ケアをすることが大切です。