みなさんは馬油を使った事がありますか?私は小さいときに火傷なんかをした時に塗ってもらった記憶があります。
火傷以外でもあかぎれなど馬油は肌トラブルに昔から重宝されている動物性の万能オイルです。

その成分は人間の皮脂の成分に近いため、肌なじみが良くて角質層の奥深くまで浸透して潤してくれます。
また、肌の奥だけでなく油膜バリアで皮膚表面を守る働きがあるので、外からの刺激に強い肌へと作り上げてくれます。

そんな万能オイルの馬油がシミにも効果があるって知ってましたか?!

実際に、使用者の中には馬油をスキンケアに導入した事によってシミが薄くなったという方がいます。

では、どのような仕組みで馬油がシミに効果があるのでしょうか??

馬油は何故シミに効果的なの??

まず馬油は肌奥深くに浸透して肌を健やかな状態に保ってくれます。

すると肌の新陳代謝が活発になり、古い角質層を押し上げる肌のターンオーバーが促進されます。
このようにしてシミもどんどん上に押し上げられて、だんだんと薄くなっていくのです。

シミへの効果が感じられる期間は、個人で差はありますが、早ければ2か月ほどで実感を得る事ができます。
使用者の中には、馬油を使い始めたことによりシミが濃くなったという人もいます。

ですが、これはシミが濃くなったのではなく、肌のターンオーバーの最中でシミが上に押し上げられてむき出しになり、濃くなったように感じるだけですので、使用し続ければ次第に薄くなっていくはずです。

効果的な馬油の塗り方は??

スキンケア方法としては、洗顔後に馬油を適量取りお肌に優しくマッサージすると効果的です。
ぐんぐん染み込んでいくように指先で馴染ませてください。

使用中じんわりと暖かくなれば馬油の効果が表れている証拠です。

週に2回程度、馬油パックをスキンケアに取り入れるのもオススメです。
メイクを落とした肌に馬油を適量伸ばし、そのままの状態で10分から15分ほど放置します。

その後優しく洗い流しますが、油分が気になるのであれば泡洗顔をしてください。
パック後しっとりとした肌の感触を実感できるはずです。
このパックを肌の血行が良くなっている入浴中に行えば馬油の効果が更にアップします

毎日行うのも良いですが、もともとオイリー肌の人は夜のスキンケアだけに取り入れるなど、自分の肌質とも相談しながら使用してください。
乾燥肌の人でも、塗り過ぎると顔がテカテカしてしまうので、お化粧前に使用する場合は注意しましょう。

シミや肌トラブルを改善したいなら、人の肌と相性抜群のスキンケアオイル馬油を、一度試してみてはいかがでしょうか??