40代になると若いころに比べてシミができやすくなり、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
なぜ40代になるとシミができやすくなってしまうのでしょうか。
原因はホルモンバランスが大きく関係しています。
更年期に入ると女性ホルモンが急激に減少するのですが、この急激なホルモンバランスの乱れが、肌の奥のメラニンを作り出す組織を活性化させ、それによりメラニンが肌内部に溜まってしまうのです。
さらに、肌の代謝も落ちてしまい、そのためダメージを受けても回復するまで時間もかかってしまいます。
では、シミをできにくくするためにはどうしたらいいのでしょうか。
一番シンプルな対策法はホルモンバランスを整える栄養を摂取することです。
やはり体の内側からのケアが大切なのです。
毎日の食事を気をつけてバランスよく栄養を摂取するようにしましょう。
一日二日ですぐに効果が表れるわけではありませんので焦ってしまうこともあるかもしれませんが、少しずつ必ず効果は表れますし、健康的な体にもなります。
長い目で見て、毎日コツコツ栄養を摂取しましょう。
体の外側からのケアとしては、美白効果のある化粧品を使ってスキンケアをすることが一番ではないでしょうか。
ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどの成分が配合された美白化粧品がオススメです。
こちらも即効性があるわけではありませんので、毎日のケアで少しずつシミのない明るく美しい肌を目指しましょう。
シミができないように予防をすることも大切です。シミの天敵と言えばやはり紫外線です。
紫外線は季節や天気にかかわらず常に降り注いでいるもの。
日ごろから日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘などで紫外線を防ぎましょう。
意外とうっかり紫外線を浴びてしまう場面は洗濯物を干したり、取り込んだりするときに庭やベランダに出ているときです。
洗濯物を干すときは朝の忙しいときだという人が多いと思います。
日焼け止めクリームを塗っている時間がないという人もいるかもしれませんが、毎日のことですし、少しの油断が大きなシミを作る原因になってしまいます。
帽子をかぶったりUVカットが施されているパーカーなどを着るだけでも十分違いますので、そのようなもので予防するとよいでしょう。