30代ころになって急に顔にシミが増えてきた経験がありませんか?!

まさに私がそうなのですが、10代や20代のころにはシミなんて全く気にならなくて、シミ消しの化粧品の広告を見ても何とも思わなかったのに。。
30代になって急にシミが増えてくるとショックで色々なシミ消しの商品に目がいってしまいます。

でも、どうして30代ころになると急にシミが増えてきてしまうのでしょうか??

シミの主な原因は紫外線です。
紫外線を浴びるとメラニンが生成されるのですが、そのメラニンには肌を守る働きがあるんです。

メラニンはターンオーバーの過程で排泄されるのですが、ターンオーバーが滞っているとメラニンが肌に蓄積をしてシミになってしまいます。

20代ころまではターンオーバーは約28日周期なのですが、年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなり、30代では40~45日程と周期がどんどん長くなっていきます。

また、紫外線を浴び続けるとメラニンを生成しているメラノサイトに異常が起こり、メラニンが生成され続けてしまうことがあります。
年齢を重ねるとともに細胞のエラーが増えてくるので、これも30代ころにシミができやすい理由です。

そして、とっても厄介な事に、肌は紫外線を浴びたことを記憶しているといわれているんです。
という事は昔に浴びた紫外線の影響が30代ころになって現れてきてしまうという事なんです。

今からシミを防ぐためには、しっかりとした紫外線対策をすることが重要になります。
毎日日焼け止めを塗って紫外線対策をしている方もいると思いますが、一度日焼け止めの塗り方を見直してみましょう。

日焼け止めにはSPFが記載されていますが、この値の求め方はSPF測定法基準で定められています。
それによると1平方cmあたり1mg塗ることとなっています。

顔全体は400平方cmほどなので、顔全体に塗るには800mgが必要になります。
ローションタイプの日焼け止めなら500円大です。
たっぷりと塗らないと紫外線をきちんと防ぐことができません。

白浮きしにくい日焼け止めもあるので、そういったものならたっぷりの量でもきれいに塗ることができます。

また、一度塗ったからといって1日中紫外線を防いでくれるのではありません。
日焼け止めは水や汗、摩擦に弱く、時間が経つと取れてきてしまい、紫外線を防ぐ力が徐々に弱くなってきてしまいます。

簡単に取れてしまうので、こまめに塗り直して将来に向け、今から紫外線の蓄積を防ぐ為にもしっかり対策を行っていきましょう。