20代でもシミに悩んでいる人は多いと思います。
特に多い原因は、紫外線により出来てしまったシミ、傷跡が残ってしまったシミ、ホルモンバランスによるシミがあります。
全てのシミに同じものが効く訳ではないので自分のシミがどの様に出来てしまったのか、または出来てしまうかもしれない部分の対策についてご紹介します。
まず代表的な紫外線によるシミは、UVカットにより防ぐことができます。
日焼け止めも塗るタイプに加え今はスプレータイプ、また飲む日焼け止めなんていうのもあります。外側と内側から対策する事でシミを防ぐことができます。
実際に飲む日焼け止めを試しのですが、その年は塗るものだけより日焼けしなかったように感じました。
続いてが傷跡によるシミです。ニキビ痕がシミになってしまったり、怪我をした際に色素沈着となりシミになります。
シミといっても顔だけに出来るものではありません。こちらの対策については傷をいかに早く、綺麗に治すかという事が大事です。
ニキビ痕のシミの場合、潰さずしっかり薬を使用し治すことが重要です。傷の場合、現在は市販でも傷を綺麗に治すタイプの絆創膏が多く売られているのでそちらを使用すると傷跡は残りにくいと思います。
そして最後にホルモンバランスによるシミです。
こちらが1番防ぐのが難しいようです。妊娠によりできてしまったシミなどは出産後徐々に薄くなっていく人もいますし、肝斑としてべたっとなにか塗られたように両頬や額、鼻などに残ってしまう方がいます。
そうなってしまうと医療機関へ行きトラネキサム酸などの飲み薬や塗り薬を使用したり、メラニンを分解してくれる機械による処置になるかと思います。
そうなると長期戦になり、ほとんどが保険適用外のためお金もかなりかかってしまいます。また、市販でもサプリメントや化粧品が売られているので地道にそういうものを使用するというのも手だと思います。
今まで上げてきた3つの原因はどれも出来てしまうと中々治すのは難しくなるので、日ごろからケアし未然に防ぐことが大事です。