トラネエキサム酸て一体どういう成分なの?

トラネエキサム酸というのは、もともと抗炎症薬や止血などに使用されてきた薬の成分ですが、肝斑の改善薬としても効果が認められている成分なんです。

肝斑というのは、女性ホルモンのバランスが乱れることで起こると考えられていますが、トラネキサム酸はメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけて、色素沈着を抑制させることで肝斑を改善させていくことができます。

肝斑は30~40代で発症することが多く、月経不順や妊娠、ピルの服用がきっかけて発症する場合もあります。

紫外線を浴びすぎたことで起こるシミとは異なり、女性ホルモンのバランスが影響しているシミで、女性ホルモンの分泌がもっとも盛んな30~40代で発症するというのも大きな特徴となっています。

トラネキサム酸はどうやって取り入れるの?

シミの改善方法にはビタミンC補給やレーザー治療、光治療などの選択肢がありますが、肝斑治療には主に飲み薬による治療と化粧品などの塗るタイプがあります。

飲み薬の場合、有効成分が血液にのって皮膚の隅々にまで届けることができますから、表皮の深い部分にあるメラノサイトにより効果を発揮することができます。

市販されている「トランシーノ」が有名で、トラネエキサム酸の他、ビタミンCやL-システインの働きで肝斑のシミの改善を促してくれます。

但し、トラネキサム酸は血液凝固の作用がある為、血栓症にかかった事のある人はお医者様に相談する必要があり、また過去動脈硬化を起こした方などは使用できません。

トラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子の働きを抑制して、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白外用薬と組み合わせることでより高い改善効果を得ることができますが、前述のように効果が得られる分、強い薬である事も確かなので、充分に用法を確認して内服されることをおすすめします。

また内服薬が不安な方は、トラネキサム酸配合の化粧品を使用してみる事をおすすめします。

自分のシミを見極めることがとても大事

一般的にシミ治療にはレーザーが有効となりますが、肝斑にはレーザー治療は向いていませんからきちんと自分のシミの種類を見極めることが大事です。

診断時に隠れた肝斑を発見することができず、レーザーを照射してしまった結果色素沈着が悪化してしまったというケースも少なくありませんから、他のシミの合併は要注意です。

肝斑に有効なトラネキサム酸ですが、治療効果が現れるのは約4~5週間後となります。
シミは色素沈着によって肌が黒ずんでしまった状態ですから、すぐには改善させることはできません。

また、複数のシミを合併している場合には、まずは肝斑治療から始めるようにしましょう。

肝斑と老人性色素斑が重なっていると、レーザー治療は行えませんから、まずは肝斑の改善を目指しその後他のシミ治療をするのが適切といえます。