体の「コゲ」なんて恐ろしい呼ば方もされている「糖化」をご存知ですか?

食事などから摂った余分な糖質やたんぱく質が体温で加熱された結果、「AGEs」という毒性の物質が体内で作られ、これがお肌にシミやしわを作り老化を早めてしまう現象の事を言います。

「糖化」は、内臓等に影響を与えると動脈硬化等の大きな病気を引き起こす原因にもなり得るとされていて、その他にも白内障や、アルツハイマー等様々な症状の原因にもなり、日々の食生活からお肌と健康に悪影響な症状を与える恐ろしい現象なんです。

では、少しでも「糖化」を予防するためには一体どうすればいいのでしょうか?!

まずは食生活の改善が最も有効です。
食事で気をつける事は、「糖化」の原因となる“AGE”が多く含まれる食品の取り過ぎに注意することです。

“AGE”は主に唐揚げ等の揚げ物、人口甘味料の入った飲み物やケーキ等甘いものに多く含まれていて”AGEs”を生成し易い状態にしてしまいます。

揚げ物や炒め物も”AGEs”を蓄積しやすいので、蒸したり、茹でたり、煮る調理法の食事も摂るように心がけましょう。

マグロやピーマン、ブロッコリー等生野菜や刺身などのビタミンを含む食品はは”AGEs”を生成しにくくさせる効果があります。
また緑茶にも”AGEs”生成を抑制する働きがあるとされるので、食事の際にお酒やジュース類を飲んでいる方は代わりに緑茶を飲む回数を増やす方がいいですね。

でもどうしても食べたい時には、ダイエット時のように最初にお野菜などを食べた後に徐々に糖質が多いものを食べてく方法をおすすめします。
この方法だと、ダイエットとして美しい体型維持にも繋がりますし、お肌にも優しいので一石二鳥です。

食生活だけではなく、運動をする事でも糖化は防げます。
食後が一番血糖値が上がっていて、その際にゴロゴロしていては、「糖化」の影響を全面に受ける事になってしまいます。

本当はゆっくり食後に紅茶でも飲んでゆったりしたい所ですが、そこは思い切って外に出てウォーキングなどの有酸素運動をすると血糖値が下がり”AGEs”も溜まりにくくなります。

私自身も、昔は野菜も余り摂らずに、揚げ物ばかりでの食生活を送っていたらいつの間にか肌は大変な事になっていました。
これではいけないと、野菜中心の生活にしてお肉はササミ中心に、油分と糖質は必要以上摂らないようにしました。

すると、友人から肌が綺麗になったと言われたのです。体重も減って良い事だらけでした。
目には見えずに健康診断にいかないと健康の数値というのは日頃の生活ではなかなか知ることが出来ません。

だからこそ、「糖化」という存在を知り、対策をしていく事がとても大事だと思います。
みなさんも食生活を改善したり、食後の運動を始めたりといいきっかけにして「糖化」を防いでいきましょう!