シミ対策というと、まず紫外線対策を浮かべる方が多いと思いますが、顔や体に日焼け止めを塗るのみで留まっているのみという方も多いのではないでしょうか??

そこで、みなさま、目の紫外線対策を忘れていませんか?!

紫外線を浴びるとメラニンの生成が促されます。

メラニンは肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の過程で排泄されるのですが、ターンオーバーが滞っていたり、何らかの理由で肌がメラニンを作り続けてしまうとシミができます。
そのため、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をすることがシミを予防するためにとても必要な対策なんです。

しかし、目の紫外線対策を忘れているとシミができてしまうことがあります。
目から強い紫外線が入ると、脳が紫外線が強いと判断をしてメラニンの生成を促します。
直接肌に紫外線が当たっていなくても、メラニンの生成が促されることがあるのです。

そうはいっても、目に日焼け止めを塗ることはできません。では、どうやって目の紫外線対策をしたらいいのでしょうか??
目に入る紫外線は、UVカットサングラスをかけたり飲む日焼け止めで対策できます。

黒や茶色などのサングラスでも紫外線対策になるのですが、色が濃いサングラスだと瞳孔が開いてしまい、目に入る紫外線量が多くなってしまいます。そのため、色が薄くUVカット加工されているサングラスの使用がおすすめです。

サングラスの内側から反射した紫外線も目に入るので、反射を防いで内側からの紫外線も対策できるグラスを使用したものをおすすめします。

飲む日焼け止めとは、名前の通り飲んで紫外線対策をするものです。
紫外線を浴びると活性酸素が発生をして、活性酸素によるダメージでメラニンが生成されます。
飲む日焼け止めサプリには抗酸化成分が配合されていて、紫外線を浴びたときにできる活性酸素に対抗してくれます。

飲む日焼け止めサプリは皮膚はもちろん、目の紫外線対策もできます。
日焼け止めと違って塗ることが難しい部位の紫外線対策もしてくれるのです。肌に直接触れないので、肌が弱い方でも使用できます。

飲む日焼け止めサプリメントは、製品によって紫外線カット力の継続時間が違うので、どの程度紫外線を防いでくれるのか確認をして、飲むタイミングを決めていただくといいでしょう。